BLOG

周南市議会・令和2年9月定例会に登壇して一般質問を行いました。


今回の私の質問テーマは大きく一つ、「福祉タクシー」について問い質しました。


この「福祉タクシー」というのは簡単に言うと、一人で移動することが困難な要介護者の方などが、運転手の介助行為などによって安心して移動する事ができる福祉の移動サービスです。

通院やリハビリなどで幅広いニーズがあり、利用者にとって健康や生命・生活を支える上で欠かすことのできないものとなっています。


しかし、今年11月に市内の事業者が福祉タクシーの分野から撤退する事となり、代替え車両の確保が困難になる事態が起きているようです。(特に新南陽や西部地区など市の西側)


移動手段を絶たれた利用者にとっては自らの健康や生命に関わる重大な問題です。
また、福祉行政をあずかる市としても現状をしっかりと捉え、今後を見据えて対策を講じていく事は極めて重要だという認識から質問しました。



実は今回の質問は、市民の方から困難な状況を告げる手紙が届いた事がきっかけでした。

市は現在、こうした状況を把握していないため事業者への聞き取りなどを進め、今後早急に何ができるか検討していきたいという事でした。


まだ具体的な解決策は見えず、大変難しい問題ですが、市は民間事業者と連携を取って問題解決に向けてあらゆる対策を講じていただきたいと思います。




※以下が今回通告した質問内容になります。


1.福祉タクシーについて

(1) 福祉タクシーは要介護者などが安心して外出するために欠かすことのできないサービスであるが、本年11月に、撤退する予定の市内事業者もあると聞いており、利用者は大きな不安を抱えている。そこで以下を問う。

ア. 現在、市内で稼働している福祉タクシーの台数と利用可能件数は幾つか。また利用件数の実績は何件か。

イ. 事業者が撤退すれば、特に新南陽地区や西部地区の利用者は代わりの福祉タクシーの確保が困難となる。また透析治療の通院などに対応できる福祉タクシーの確保はさらにハードルが高いと聞くが、市はこの問題をどのように認識しているか。

ウ. こうした問題を解決するため、事業者の業務拡大や参入を促すための働きかけや支援ができないか。

今年の夏は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、様々なイベントが中止になり、なかなかいつもの賑わい・活気が感じられない夏となっています。


しかし、そんな気持ちを吹き飛ばそうと、この度「がんばろう周南!STAY HOME 花火」が開催されています。


この花火は、市内各所(小学校単位の地区)でお家にいながら楽しむ、新しいカタチの花火です。

(8月8日から8月29日、市内全域23地区)

私の住む富田西地区でも花火の打ち上げがあり、私もコミュニティの方達と警備などのお手伝いに行ってきました。


学校から花火打ち上げ!

打ち上げ予定の午後8時になると学校の校庭から勢いよく花火が打ち上がりました。


もちろん、それほど大きな花火ではありませんが、身近で見る迫力と大音響が胸に響きました。


三密を避けるため打ち上げ場所の詳細は広くは非公開でしたが、地域の回覧板などで知った方がまばらに集まり、ひと夏の思い出に夜空を見上げていました。


花火はわずか3分間ほどでしたが「やっぱり夏の花火はいいなぁ」としみじみ感じました。



翌朝は早朝から学校のグラウンドで花火のゴミの清掃活動をコミュニティの皆さんと行いました。

いつもサンフェスタの翌朝の景色を見るようで、来年こそはサンフェスタで大きな花火が無事に打ち上がるようにとの願いと共に気持ちが元気になったような気がしました。


関わった全ての皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。

小学校で毎年恒例の除草作業が行われました。

しかし今年はコロナ禍や登校日の無い夏休みという事もあり、例年のように登校日に合わせた親子ボランティアではなくPTA役員のみが参加する除草作業を行いました。


それでも、先生方やご父兄合わせて100人近くのたくさんの皆さんにご参加いただきました。


作業に先立ち、ご参加の皆さんにご挨拶をさせていただきました。

実は今年も、PTA会長を務めさせてもらう事になっています。

しかし、今年はコロナの影響で5月の総会も書面でのやり取りのみで、その後もPTA活動は軒並み中止となってしまい、今年度はこの日が初めてのPTA活動、そしてあらためて就任のご挨拶となりました。


そして真夏の大変な中での除草作業。

コロナや猛暑もあり、学校施設を使う機会がいつもより減っているせいか、例年以上に雑草や樹木が伸びている気がしました。


またいつものように地元企業の株式会社タダオさんにご協力いただき、除草・伐採のゴミの搬出のためにコンテナ車を提供していただきました。

本当に助かります。ありがとうございました。


ご参加いただいた皆さんも、大量の汗をかきながら次々と草木をコンテナ車へ運び込んでいきます。


午前中までの短い作業でしたが、コンテナ車がアッとという間にいっぱいになり、学校もずいぶんキレイになりました。


今年は盆明けから学校も始まります。

子ども達や親にも異例な事ばかりで戸惑ってしまいますが、夏休み明けからはどうか学校で元気に、楽しく、しっかり勉強ができることを願っています。

周南市議会定例会で登壇して一般質問を行いました。

改選後初めてとなる今回の私の質問は全て、今現在の市民の一番の関心ごとである新型コロナウイルスについて聞きました。



新型コロナウイルスが与えた影響は周南市でも市民生活全般や地域経済など多大な分野・範囲に及んでおり、様々な検証や対策を講じる必要があります。

また、第2波や季節性インフルエンザによる混乱を予測して、今のうちにもっと進んだ感染予防体制を構築しなければいけません。

本来は感染症の所管は県や保健所ですが、市民に一番身近な行政として周南市もこの対策に積極的・主体的に関わる事が重要だと考えます。

そして同時に、新型コロナによる社会の大きな変革、真の地方の時代の到来を予測した戦略的な取り組みの必要性も感じています。


そのような観点から、今回は多岐にわたる質問を積み重ねたところ、持ち時間いっぱいに詰め込み過ぎてしまいましたが、多少早口になりながらも私の思いをぶつけてみました。

答弁は全体的に今後検討するという答えが多かったように思います。前代未聞の困難な状況に行政も大変だと思いますが、すでに第2波の兆しもあり、そんなに時間的な余裕は無い事も考えられます。

周南市は市民の生命・財産・希望を守るために出来ることの全てに積極的に取り組んでいただきたい。

そのために私は今後も動いていきます!



最後に私が今回通告した質問内容を掲載します。

1.新型コロナウイルスの感染拡大防止について


(1). 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るい、社会を一変させた。現在、感染拡大は抑えつつあるものの、第2波に備えて今のうちに本市の感染症予防体制を整えなければならない。

そこで、本市の感染症に対する医療体制について、以下を問う。

ア. 周南医療圏において、今回のコロナ禍におけるPCR検査数は何件だったか。また現在、一日の最大検査能力は何件か。

イ. 今後、季節性のインフルエンザが流行する時期になると、医療機関の診療体制に大きな混乱が生じる事が予想される。検査体制や重病者の受入病床の充実、発熱外来を設けることなどを進め、病院連携や役割分担の明確化を図らなければならない。そのためにも圏内の医療機関等と連携を取りながら感染症に対する医療体制の構築を進めるべきではないか。

(2). コンビナート企業の定期修理や外国船籍の入港など、本市特有の感染症のリスクやその対策はどのように考えているのか。

(3). 大阪府では不特定多数の人が集まる施設やイベントで「コロナ追跡システム」を活用して感染者が出た場合に注意喚起を行っている。本市でも公共施設や店舗、イベントなどでこのシステムを利用できないか。

(4). 市内小中学校での感染症への対応について、以下を問う。

ア. 子供達には学校でのマスク着用をお願いしているが、これからの時期の熱中症のリスクはどう考えているのか。

イ. 臨時休業期間中の学習の遅れをどのように取り戻すのか。

ウ. 今後も感染症の第2波によって学校が臨時休業となることも考えられるが、学校の臨時休業や再開の具体的な基準はあるのか。

(5). 急激で長期間にわたる環境の変化により、子供達は大きな負担を抱えていることが心配される。子供達の心身の状態や生活習慣、家庭環境などの変化を把握するためのアンケートが必要ではないか。

(6). 新型コロナウイルス感染症対策は、今後の市にとって最重要課題の一つであり、これから長期間継続的な対応が必要と考える。そこで、庁内に常設の専門部署が必要と考えるが、どうか。


2.新型コロナウイルスの影響の経済対策について

(1). これからは感染拡大防止と経済活動の維持の両立を目指していかなければならない。

これまで本市では独自支援策として、第1弾の店舗休業支援、第2弾の事業継続支援を打ち出している。しかし、対象から外れた店舗や事業者からは不満の声も聞こえる。特に、小規模企業者に限定しているものについて、支援の枠を拡充できないか。

(2). 地域経済は新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受け、今後も全産業に長期的に景況の悪化が心配される。

しかし一方で、大都市から地方への移住希望者の増加や事業拠点の移転、地域内消費を喚起するなど、大きく社会に変化をもたらすことも期待できる。真の地方の時代の到来に向けて、いま一度戦略的な取組みを考える必要があるのではないか。

ついに、古川跨線橋が架け替え工事のため全面通行止めとなりました。


6月30日の正午から、跨線橋の南北の交差点付近に通行止めの看板が設置され、車両の通行が出来なくなりました。

また、橋の歩行者用通路もあわせて通行止めになりました。


なお、橋の側道については周辺住民の生活道路なので引き続き利用できます。


ただし、工事の段階において幅員が狭くなるなど、状況が変化しますのでご注意をお願いします。


翌朝の通勤時は大きな混乱無し

通行止めから一夜明けた翌朝、通勤時の混雑状況が気になったので、周辺各所を見て回りました。

(↓跨線橋・南側)


私の心配とは裏腹に、周辺一帯の車両の通行に大きな混乱は無く、いつもよりむしろスムーズに流れていたように思います。

(↓跨線橋・北側)


これは周辺企業のご協力により、時差出勤や通勤ルートの転換に取り組んでいただいた事が効果を発揮したのではないかと聞きました。

(↓古泉交差点、東ソーの北)


とりあえず大きな混乱は無く安心しましたが、これから行われる交通量の実数調査などによって長期的にどのような影響が出ているか検証するなど、引き続き私も注視してまります。


10年間におよぶ工事は多くの市民に多大なご迷惑とご心配をおかけしますが、どうか今後ともご理解とご協力をお願いします。


過去の古川跨線橋の工事に関する記事はこちらをご覧ください。↓

今年の1月から平日の朝は毎日、大神交差点で皆さまにご挨拶をしています。

選挙後も約1ヶ月立ち続けてきましたが、6月末をもって一旦終了させていただきました。


半年もの間、毎朝、多くの方から手を振り、またお声がけいただき本当にありがとうございました。


寒い日も暑い日も、そして先日の大雨の中でも、いつも皆さまのご声援が私の心の支えとなりました。


4年の任期ごとに行なってきた立哨ですが、ここに立つといつも初心に立ち帰り、そして皆さまへの感謝と期待に応えていきたいという思いに包まれます。


街頭演説は今後もよろしくお願いします!

大神交差点での週一の街頭演説は引き続き継続していきます。

街頭演説も始めて4年半を超えましたが、もし見かけたら、ご清聴をよろしくお願いします!



その他にも、小学生の交通安全の立哨はずっと続けている私の朝のルーティンです。


いつも朝は慌しくいろんな活動をしていますが、市民に身近な活動・普段から見える活動をモットーに4期目も全力で取り組んでまいります!!

いよいよ周南市議4期目がスタートし、改選後初の周南市議会・6月定例会が開会しました。


6月定例会は冒頭に議長選挙などの議会人事が行われ、正副議長や各委員会の役職が選出されます。


環境建設委員長に就任!

私は環境建設委員会の委員長に就任し、昨年に続き常任委員会の委員長という責任ある役職を担う事になりました。


選挙中にも皆様に誓ったように、今期は議員個人の活発な活動と共に、4期目の中堅議員として周南市議会全体を見渡した信頼のおける活動にも力を尽くしていきます。

その意味でも委員長の役割を精一杯果たしてまいります!


またこの一年間、私が所属する委員会は以下のようになりました。


  • 環境建設委員会
  • 予算決算委員会(当初委員)
  • 中心市街地活性化対策特別委員会
  • 議会運営委員会

所属する各委員会では審査や調査の機能をしっかりと果たしていけるよう、真摯に取り組みます!


会派アクティブは1人増えて7人に

この6月定例会に先立ち、議会内で活動を共にするグループである“会派”の構成が決まりました。



今回は改選後の新人が加わり、会派構成もいろいろと変更がありました。

我々の会派“アクティブ”は新たに新人の細田議員を加え7人になりました。

もう一つ同数の会派がありますが、周南市議会では最も大きな会派となります。


議会は数の力がモノを言うだけに同時に大きな責任がある事を自覚して、会派としても活発で信頼のおける活動を展開していきます!

周南市議選の投開票が行われました。

(定数30、立候補者33)


その結果、私 井本よしろうは1739票をいただき、無事に4期目の当選を果たす事ができました!


これも多くの皆様のご支持、ご支援のおかげです。心から御礼申し上げます。


しかし今回の選挙戦はとにかく新型コロナウイルスの影響で、非常に特殊な状況の中での戦いとなりました。


私の場合は集会や握手はしない、そして事務所の出入りやスタッフの呼びかけも最小限にとどめる選挙らしからぬ状態でした。

また、市民の方と直接ご挨拶があまりできなかったので、候補者としても感触が掴みにくい選挙戦となりました。


(↓周南市議選2020開票結果)


投票率は大きく下がり合併以来最低の46.83%となりました。(前回53.35%)

新型コロナウイルスや立候補者が少なかった事も大きく影響していると思いますが、市民に十分な関心を寄せてもらえなかった事は責任を感じます。



ただ多くの候補者が得票を落とす中で、私は前回とほぼ同じ得票がいただけた事は嬉しく思います。


これから私は4期目の任期を迎えますが、新型コロナウイルスの影響が続く今後の社会をどのように守り、どのように新たな日常を築いていくのか、市政には非常に大きな責任があります。


選挙戦は終わりましたが、別の戦いが始まった事を痛感しています。

すでに投開票日の翌朝、立哨から活動を始めています。


先の見えない時代だからこそ、周南市の未来を明るく照らし切り拓く存在となれるように、これからも日々努力して皆様のご期待の応えてまいります!

ついに周南市議会議員選挙の1週間の戦いが終わりました。


今回の選挙では新型コロナの影響で、選挙の方法やあり方などが問われ、私も思い悩みながら手探りで進めてきましたが、限られた状況の中でやれる事は全て必死にやってきたという思いはあります。


しかし、勝負事は結果が出るまでどうなるかは分かりません。

だから、皆さんに最後に一つだけお伝えしたい事があります。


どうか明日は「井本よしろう」に投票してください。

お願いいたします!

“周南市議選”も6日目が終わり、長かった選挙戦もついにあと1日となりました。


連日、656㎢もの広大な市域を駆け巡り、この選挙や市政、まちづくりに対する私の思いを一人でも多くの方に伝えようと奔走してきました。


そして街頭演説の数もついに50回を超えました!

(画像も多くなり見にくくなってきました。)


周南市全域の住宅街や市街地、中山間部、沿岸部など、ありとあらゆる場所で私の思いをお話しさせてもらいました。


目まぐるしい選挙戦の最中ですが、毎日多くの出会いがあり、ドラマがあります。



今回は演説場所の告知はしていませんが、不意に駐車場で聞いていた方から大きな拍手を頂いたり、車から声援をいただいたり、事務所に激励の電話をいただく事もあり感激で涙が出そうになります。


つくづく選挙というのは候補者から市民へ思いを伝えると同時に、市民から思いを受け取る貴重な場であると実感します。


その市民からの思いを糧に、次の任期を誠意を持って全力で務めていきたい!


いよいよ残り1日!

全てを出し切って戦い抜きます!

現在、6月6日(土)まで周南市議選が行われています。【投開票日:6月7日(日)】


市内各所に設置された掲示板には各候補者のポスターが貼られています。


ポスターは有権者が候補者を知る大切な手段の一つですが、気になる井本のポスターの場所はというと...

今回は、なんと、2番!


画像で見ても分かるように、なかなか目立つ、いい場所を引き当てました。

(ポスターの掲示場所は告示日当日の朝、くじで決まります。)

候補者はたくさんのポスターがある中で、少しでも目立つようにと掲示場所は気になるものです。


ぜひ皆さんも私のポスターを探して見てください。


30議席を33人で争う選挙戦

今回は市議会の30議席を33人で争う選挙戦となりました。

現職が24人、新人が9人という候補者の構成になっています。


またこれまで周南市議会を支えていただいた6人もの議員が今回引退されました。

新たな市議会も、政策提案機能や行政のチェック機能が発揮できるよう、構成する各議員がしっかり働かなければいけません。


私も当選させていただければ、次は4期目となります。

年齢的にはまだ若手ではありますが、期数や経験から言えば十分に中堅議員の仲間入りとなります。


責任世代の議員として市議会を牽引できるように、そして議会の機能が十分に発揮できるように、これまで以上に励む決意です!

今回の選挙では、人との接触を極力避けながらも、多くの市民に私の思いを知っていただきたいと考えています。

その一つの方法として、市内各地で事前に告知をせずに出来るだけ数多くの街頭演説を行なう事にしました。


初日は15カ所で街頭演説!

初日は出発を含めて市内15カ所で街頭演説を行いました。

通行の妨げにならずに多くの市民に声が届く場所を選び、市内各所で熱く街頭演説を展開しました。


2日目は朝礼へ、中山間地域へ

2日目は広大な中山間地域の移動や、雨の降りしきる天候など街頭演説には難しい条件でしたが5カ所で開催しました。

また、いつもお世話になっている会社の朝礼でもご挨拶させていただきました。

朝の貴重なお時間をいただきありがとうございました。多くの皆様の前で4期目に向けた決意を語り、身の引き締まる思いでした。


3日目スタートは原点から!医療施設でも!そして広範囲に!精力的に!

3日目のスタートは私の政治への道を踏み出した第一歩の地である“大神交差点”から始まりました。

その後、晴天に恵まれたこの日は市内を広範囲にわたり10カ所の街頭演説を精力的に行いました。

また、ある医療施設のご好意で一言ご挨拶の機会をいただきました。

私たちの社会を支える医療現場の最前線で毎日奮闘されておられる皆さんに感謝をお伝えし、現場の声をしっかりと聞いて実態に沿った支援を行なう努力をする事を誓いました。


その話の内容は?

演説の内容は、私の市政や選挙に懸ける思いに加え、新型コロナが及ぼした市民生活、地域経済、子ども達の学習や心身のケアなど幅広い課題について。そして従前からの行政課題である「古川跨線橋の通行止め」や「新南陽総合支所の整備」「民間の再開発」「防災」「野犬」等々…

数え上げればきりがありませんが、それぞれの場所や時間帯、聞いておられる方を想像して様々な話をしています。


大きな声で迷惑だと思われる方もいると思います。大変申し訳なく思いますが、できるだけわずかな時間と限られた期間(選挙期間)で行っています。

また今回、平日の遊説を1時間程度早めの19時までに切り上げる対応をしています。


たくさんのご声援ありがとうございます。

この3日間で精力的に約30カ所の街頭演説を行いましたが、毎日多くの皆様からたくさんのご声援をいただきます。

通行中の方や建物の上層から拍手や声をかけていただいたり、車から反応をいただく事もあります。

皆様のご声援は本当に嬉しく、毎日の遊説活動へと突き動かす原動力となっています。

大変困難な状況の中での選挙戦となっていますが、前向きに出来る事に全力を注いで最後まで戦い抜きます‼︎


「井本よしろう」に最後の最後まで、ご支持、ご支援、そしてご声援をよろしくお願いします!



大神交差点での立哨、街頭演説についてはこちら↓