BLOG

「新南陽学校給食センター」が完成し、所管する教育福祉委員会で施設の現地視察に行ってきました。


この新たな給食センターは、老朽化した2つのセンター【徳山西(所在地:新地)と新南陽(所在地:福川南小学校内)】を統合した施設です。

周南市西部地域(富田、福川、和田、夜市、戸田、湯野、菊川)の各小中学校(14校)に給食が供給され、1日最大4,000食を提供できる能力を持っています。(市内最大)

またこの新センターは高い衛生基準を満たすために様々な工夫が施されています。

食材の搬入、下処理、煮炊き、焼き物・揚げ物、搬出、洗浄など各行程や食材の種類によってそれぞれ区切られたエリアで作業が行われます。


新センターを画像で紹介

センターには見学コースも用意されていますが、施設が稼働を始めると作業エリアには立ち入れません。今回、画像をたくさん撮ってきたのでご紹介します。


下の画像は食材の搬入エリア。

食材ごとに別々の搬入口があり、万一の汚染の広がりやアレルギー食材の混入に配慮されています。


食材の洗浄や下処理を行うエリア。

下処理を終えると画像の奥に見える調理エリアへ食材を送ります。(作業員もエリアを超えて行き来できません。)


煮炊きの調理室には12基もの大きなガス釜が設置されています。


揚げ物エリアにはフライヤーが並んでいます。まるで食品工場のようです。


焼き物用の大型のスチームオーブン。


食器もこの度新調されます。

先割れスプーンはずいぶん前から使用されていません。


そして、搬出口から各小中学校へ。

このセンターの所在地は福川南町(保土谷化学の沖、岸壁のそば)で、目の前には周南大橋が架かっています。


海から近い事もあり、津波や高潮の対策として施設は2mのかさ上げの上に建てられています。


そして、このセンターには災害時などで使用できる煮炊き窯(移動可、ガス・薪使用)も備えています。

この窯で一度に約200リットル(約400人分)の汁物・煮物の煮炊きができ、今後、地域の防災訓練などで利用できるそうです。



新年度から学校に供給開始!

このセンターはこれから開業準備を進め、新年度から各学校への供給開始を目指します。

アレルギーに対しては、新たなセンターで除去食から始め、将来的には代替え食の調理の行えるようにしたいという事でした。


今回の整備で市内の学校給食センターは全て、国の定める衛生基準を満たした学校給食センターとなりました。

子ども達には衛生的にもアレルギー的にも安全で、そして美味しい給食をたくさん食べて元気に大きく成長してもらいたいです!




※今回の施設の整備手法は、周南市で初めてPFI(民間の資金とノウハウを活用した公共施設の整備手法)を活用して整備されました。
その後このPFI手法は、現在今年の夏休み明けまでに整備が進められている周南市の小学校普通教室の空調整備にも採用されています。

今週から平日は毎朝、大神交差点に立って挨拶をする活動を始めました。


「信念。」

この旗を掲げて、通勤通学の皆さんにご挨拶をさせてもらっています。


この立哨は、12年前の1期目の出馬の決意を固めた後、まずこの場所に立ち始めたのがきっかけです。

この交差点は言わば、私にとっては政治の道の第一歩を踏み出した場所となりました。

それ以来、各期ごとに約半年間の立哨をこの場で続けています。

(画像は4年前のちょうど今頃↓)

もちろん、ひたすら頭を下げて道ゆく車や人々に挨拶をするなんて、自分でも滑稽だと思う事もあります。

しかし、後援会活動も選挙運動も考えてみれば、自分の名前や顔を全面に押し出してPRして、身内や友人も巻き込んで周りに多大な迷惑をかけ、なおかつ協力を仰ぐという、普通の感覚の人ならとても大きなハードルが存在します。

だけど、それらを乗り越えてでも周南市の発展に貢献したい、困難を克服したい、恥も外聞も乗り越えて謙虚に覚悟を持ってこの道を進んでいきたい。

この立哨は今やそういった初心に立ち戻らせてくれる、私にとってはとても重要な通過儀礼となっています。



交通安全立哨、街頭演説も続けます!

また、これまで毎朝ずっと続けてきた小学生の交通安全立哨は今後も継続していきます。

子ども達の登校が終わり、急いで移動するので大神交差点には大体8時前に立ちます。

雨の日も、もしかしたらまだ雪の日もあるかも知れませんが、しっかり頑張っていこうと思います。


また、同じ場所で行なっている週一の街頭演説も続けていきます。

いつもこの場所に立っているとたくさんの方が手を振ってくれたり、声をかけてくれます。

皆さんとのつながりが次の一歩を踏み出す大きな力になっている事を感じます。


信念と感謝の気持ちを持って、今後も真摯に取り組んでいきますので、もし見かけましたらどうぞよろしくお願いします!

富田西小学校で年明けの恒例行事「駅伝大会・どんと焼き」が開催されました。


今年は男女合計19チーム114名の子どもたちが駅伝に出場!

また、どんと焼きには合計250人の子ども達、それに加えて保護者やお手伝いの地域の方々も含めて今年もたくさんの人で賑わいました。


今年も私はこの行事の主宰の「校区子ども会育成連絡協議会」の会長を務め、この日のために昨年末から役員の方々と一緒に準備を進めてきました。



今年は例年にない暖かな日和の中、行事を開催する事ができました。

駅伝のスタートを切ると子ども達は校庭から学校周辺の道路に元気に飛び出して行きました。



西小の駅伝大会は先頭に先導車が付き、使用許可をもらった一般道路で思いっきり走るという、本格的な駅伝が経験できます。



必死に走ってタスキをつなぐ子ども達に、沿道の親や友達、そして地域の方々から大きな声援が湧きました。

各子ども会で結成したチームはいろんな学年で6区間をタスキをつないでゴールを目指します。

今年も他の学年や地域の人たちとの一体感を感じられる素晴らしい駅伝大会となりました。


続いて、どんと焼き。

こちらもたくさんの地域の方々のご協力を得て進めます。

まずは火起こしから。


杉板を使って火を起こします。

これも子ども達にとっては貴重な体験です。



火が起こると子ども達や地域の地域の方々が持ち寄った正月飾りに火をつけます。



最後はどんと焼きのおき火でお餅をあぶって皆んなで食べました。



この「駅伝大会・どんと焼き」は富田西小で僕が子どもの頃からあるイベントですが、聞くところによるとその歴史はなんと、50年以上!続いている伝統ある行事だそうです。

これまでいろんな方のご協力で続けてこれた事に感謝して、これからも引き継いでいけるように私も引き続き尽力していきます!


(昨年の駅伝大会・どんと焼き↓)

令和二年度の「周南市消防出初式」が行われ、消防団員として式典に出席してきました。


毎年、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開催される式典会場は、この日も多くの団員や関係者の参加で熱気に満ちていました。

式典で来賓のご挨拶や表彰の披露などが終わると、隣接する緑地公園に移動して団員を中心とした分列行進を行いました。

(最初の写真は行進前の待ち時間)


その後、各種車両の行進などに続き、毎年恒例となった“手押しポンプ”による一斉放水も実演されました。

勢いよく吹き出した放水ですが、その後ろでは必死の形相でポンプを漕ぐ団員達。


私も地元の(宮の前)機庫の消防団に所属して今年で12年目になります。

昨年には10年勤続の表彰を受け現在、この機庫の機関員の役職を務めています。


今後も地域防災の最前線で活動しながら、現場で知り得た情報を市全体の防災体制の強化につなげていきたいと思います!

新年あけましておめでとうございます。

皆様におかれては、清々しい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。


今年の周南市は⁈

令和二年の周南市は「まちづくり総合計画の後期基本計画」に突入する節目の年となります。

また、春から始まる“古川跨線橋の架け替え工事”に伴う10年間の通行止めや、秋までに整備完了を目指す“全小学校の空調整備”、さらに来年度から運用開始される“新南陽学校給食センター”など今年も大きな変化の局面を迎えます。


私も一議員として市民生活に直結した事業を着実に進め、将来の困難を克服する重要な局面に対応できるように引き継き全力で取り組んでまいります!


私にとっても勝負の年!

そして今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、オリンピックイヤーは毎回、私にとっても勝負の年となります。

今年6月には現在の議員3期目の任期4年が満了となります。


これから後援会活動を活発に進め、後援会入会のお願いなどに奔走します。

その活動の中で市民の願いや思いをしっかりと受け止め、また私からもお伝えできればと思っています。

皆様には後援会活動に対して、引き続き変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。


初詣でおみくじ、その結果は...

その勝負の年の元日に、親子で地元の山﨑八幡宮に初詣に行ってきました。

例年になく穏やかで暖かい気候のおかげか、たくさんの参拝客で行列ができていました。

神様に手を合わせ、家族や友人知人の幸せや健康、そして周南市に事故や災害が無い事、ついでに最後まで無事に闘っていけるようにもお願いしました。

(ちょっとお願いが多かったかもしれませんが...)


そして、初詣と言えばおみくじという事で今年を占ってさっそくおみくじを引いてみましたが、その結果は⁈

「吉」!


その内容は、

  • 願い事「人の助けで調う 争わぬようにせよ」
  • 争事「負けておく方が利あり」

と、何とも微妙で心配な結果となってしまいましたが、これをどう受け止めるかがより大切だと信じる事にしました。


今年一年は謙虚に慎重に、そして強い信念と感謝の気持ちを常に持って全力で頑張っていきます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


令和二年も皆様と周南市にとって素晴らしい一年であるように心からお祈り申し上げます。

昨日は、年末恒例の消防団の夜警に深夜まで出動していました。


寒くなって火災の多い時期。

火の元、火の後始末に注意するだけでなく、火災の1番の原因である放火にも気を付けるように地域全体で防火の意識を高めていきましょう。


令和元年を振り返ってみると...

さて、今年もあと今日一日を残すのみとなりました。

本当に一年が経つ時間の早さに年々驚かされますが、ふり返ってみると今年もいろんな事がありました。


周南市政での一番の動きはなんと言っても、4月に行われた市長選で新人の藤井市政が誕生した事です。

新たな藤井市政は、基本的にはこれまでの行政運営を継続していくというスタンスですが、今後は公約にあった新しいシティプロモーションや徳山大学の公立化などの議論が活発化してくる事が予想されます。加えて、各地域の総合支所をどうするのか、春からの古川跨線橋の通行止めの影響など、周南市の未来のために解決すべき課題が山積しています。

私も自らの信念に基づいて議員としての責任を果たしていきたいと思います。


また、今年は地域活動でもPTA会長や校区子ども会の会長、商工会議所青年部の副会長などなど...相変わらずの忙しい日々を送ってきました。


そして、このサイトのブログや新聞発行、報告会の開催、若手後援会の発足、街頭演説など後援会活動も活発に行ってきました。


さらには長男がスポ少の野球を始めるなどプライベートでも変化がありました。忙しい中でも家族が元気で明るくいてくれる事が私の心の支えとなっています。


こうして様々な活動ができ、皆様と過ごしたこの平成31年・令和元年も充実した幸せな一年となりました。

この一年間、様々なご指導、ご鞭撻、そしてご心配をいただき皆様には心から感謝いたします。


令和2年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

皆様に素晴らしい新年が訪れる事を願っております。

ボートレース徳山で今年最後にして最大のレース『GIクイーンズクライマックス』が開幕し、オープニングセレモニーが開かれたので出席してきました。


この「クイーンズクライマックス」とは、その名の通り競艇の賞金女王決定戦で、年間の獲得賞金上位12名の女子レーサーが出場する、最高峰のSGレースにも引けを取らない人気のあるレースです。

本日12月27日(木)から始まり、大晦日に最後の優勝戦が行われます。


オープニングは大変な盛り上がり

オープニングセレモニーの会場には各選手や競艇のいつも以上に多くのファンが詰めかけ、選手に声援を送ったり、花束を持って駈け寄ったりですごい熱気で、こんなにも人気があるのかと驚きました。(実はそんなに競艇に詳しくないので)


開催期間中はイベントが盛りだくさん!

年末のレース開催中はイベントも盛りだくさんで、12月28日(土)は坂上忍さんのトークショー、12月29日(日)はコロッケのモノマネショーなど多才なイベントが企画されています。

詳しくは上の特設サイトのインフォメーションからご確認ください。そして、ぜひともご家族で遊びに来てください。


少しレースを予想してみました。

せっかく競艇場を訪れたので午前中のレースを予想してみました。

その結果は...

全くハズレばっかり。


予想の仕方の基本は習った事もあるのですが、それだけでは当てるのは難しいようです。

しかし、レースを観戦するだけでも迫力があって十分に楽しめました。


GIレースの売上目標はなんと115億円⁉

このGIレースの期間中全体の売上目標はなんと115億円!

売上は天候などにも左右されますが、人気のレースだけにその売上にも期待が膨らみます。


もちろん、多額の経費などもありその全てが市財政に貢献するわけではありませんが、それでも昨年度は7億円もの金額が市の一般会計に繰り入れられました。

その財源で子ども医療費の無償化や学校の空調設備などの事業を進めています。


ぜひともこの週末、年末はボートレース徳山の『GIクイーンズクライマックス』日お越しください!

小学6年生の社会科の授業に講師として呼ばれて、市役所や議会についてお話をしてきました。


「市議会や政治の働きを考えよう」と題された授業で、市政や議会の現場の話をさせてもらいました。


普段からPTA会長として子ども達とは顔を合わしていますが私が教室に現れると、私が議員なのを知らない子どももたくさんいて、当初は不思議そうに私の事を見ていました。


今回、私も事前に教科書のコピーをもらって少し予習をして授業に臨みました。

市政が子ども達の生活にも深い関わりを持っている例として、中学校の普通教室に整備された空調設備(小学校は来年の夏休み明けまでに整備)や、この春から稼働する新南陽学校給食センター、そして中学校卒業まで無償化になっている医療費の話もしました。


なかなか難しい事を勉強しているんだなと思いましたが、皆んな真剣に話を聞いてくれて、様々な質問や意見ももらいました。


政治は皆さんの生活に深く関わり、知れば知るほど面白く、興味深いものだと思います。

子ども達が今回の授業をきっかけに少しでも興味を持って、市政や地域の将来を考えてくれればいいなと思いました。

前に予告しましたが本日、現在開催中の12月議会で一般質問に立ちました。


今回は4件について質問しました。

その内容を簡単に言うと以下の4件です。

  • 子どもの居場所づくりの今後
  • 駅周辺の愛称とオープンカフェの提案
  • 東京オリンピックのキャンプ地の誘致
  • 学校の備品の管理
(最後に質問の趣旨の通告文を掲載↓)

現代社会の抱える大きな課題や未来に向けた提案、そして少しニッチな分野まで多様な質問を市にぶつけてみました。



周南市議会の一般質問は答弁も含めて一人1時間の持ち時間となっています。

今回の私の質問は項目が多かった事もあり、時間内に収まるか心配でしたが、少し早口になりながら何とか56分で収める事ができました。



そして質問の感想としては、答弁が予想通りのもの、最後まで詰めきれなかったがその有益性は伝える事ができたもの、また一定の理解は得られたがアプローチの方法を間違ったかなと少し反省するものもありました。


今回も大変勉強になりましたが、大切なのはその質問でどう市政を動かしていく事だと思うので、その後もしっかり追いかけて市民の利益につなげていきます。



【今回の質問通告文】

1.子どもの明るい未来サポート事業について
(1). 子供の貧困対策の具体的な事業の展開として、子供の居場所づくりモデル事業を実施してきた。モデル事業の検証により、どのような効果と課題が見えてきたか。
(2). 最近では、市内においても、さまざまな団体がこども食堂を運営するなど、広がりを見せているようだが、現状はどうなっているのか。
(3). 現状を踏まえて、子供の居場所づくりに対する取り組みを、今後どのように展開していくのか。
 
2.中心市街地の活性化について
(1). 今年11月2日、徳山駅北口駅前広場の完成記念式典が行われ、本市の玄関口が新しく生まれ変わった。平成29年8月22日に開催された中心市街地活性化対策特別委員会の中で、執行部から「駅前広場まで含めて、にぎわいの発信地点としての愛称を検討するという考えも持っている」という答弁があったが、この機会に施設や広場の愛称を考えてはどうか。
(2). 平成28年12月定例会の一般質問で、公共空間における恒常的なオープンカフェの開設やイベントの活用について提案した。答弁では「関係機関と連携した組織を立ち上げ、仕組みやルールづくりに努めてまいりたい」ということだったが、その後どうなったのか。

3. 東京オリンピック・パラリンピックについて
(1). 今年の9月以降、東京オリンピックのキャンプ地として、男子レスリングのブルガリア代表を市内に迎える調整を進めてきたが、その後の進捗状況はどうか。また、これからの予定はどうか。

4. 学校の備品の管理について
(1). 学校にはサッカーゴールやバスケットゴールなど大型の運動用の備品があるが、特に屋外のものは老朽化が進んでいる。適切な点検やメンテナンスの必要性を感じるが、どのように管理しているのか。

“学校支援プロジェクト”で富田西小学校に奉仕作業に行ってきました。


このプロジェクトは、新南陽商工会議所青年部が新南陽地域の5つの小学校に対して行っている今年で6年目となる事業です。

普段なかなか解決できない学校の困り事に青年部から技術的・経済的・人的支援を行っています。

今回も青年部の都合のついたメンバーと校長先生で作業を行いました。


トーテムポールの撤去

今回の作業は2種類で一つはトーテムポール3本の撤去。


わたり棒のペンキ塗り

そしてもう一つはわたり棒のペンキ塗り。

どちらも私が通う頃からある思い入れのある遊具です。


トーテムポールは木製で老朽化が進んでいる事から学校から撤去をお願いされました。

安全に配慮しながら少しずつ青年部所有のチェーンソーで切り倒していきます。

地中に基礎が埋まっていたので、多少掘り返してカットし、埋め直すと元々何もなかったかのようにキレイになりました。

青年部のメンバーには仕事で培った様々なスキルがあり、今回もそれが発揮されました。


そして、ペンキの塗り方はネットで調べた方法で進めていきました。

まずはサビ落とし。

ヤスリやヘラ、ハンマーなどを使ってマンパワーで丁寧にサビを落としていきます。


続いてようやくペンキ塗りの作業。

みんな、体のあちこちにペンキを付けて、悪戦苦闘しながら作業を進めていきます。


しかし、作業が進むとみんな「意外とキレイに塗れる!」と楽しみながら作業を進めました。

キレイに塗れましたが、油性のペンキを使ったので約10年近くはもつそうです。


今回も充実した青年部の学校支援となりました。

今後も青年部事業の合間をぬって、いろんな団体等と連携しながら、この取り組みを続けていこうと思います。

本日から令和元年度の周南市議会12月定例会が始りました。(会期は12月20日までの18日間)


今回の定例会では、補正予算や市の組織改編に伴う22の議案が上程され審査されます。


市議会の定例会も来年春の任期満了・改選まで、今回を入れて残り2回となりました。

議員にとって議会は主戦場です。最後まで全力で取り組んでいきます!



最上位計画についても議論してきました。

この定例会では、市の最上位計画である「まちづくり総合計画」に対する決議も行われました。


この計画は、これからの周南市のまちづくりの方向性を示すとても重要な計画ですが、来年度から後期基本計画の期間(5年間)に入ります。

そこで、市議会では特別委員会を設置し、8月から委員会の中で後期計画の素案を調査し、各会派から意見を出すなど協議を続けてきました。

最終的には計画に対して63件の意見を取りまとめて、本日の本会議でこの意見を付して決議することが全会一致で決まりました。


この計画は今後、これらの意見を参考に見直され、年度末までに執行部から示される事になっています。



私の一般質問は12月10日の午前中

この12月定例会でも一般質問で登壇します。

今回の順番は全体では26人中22番目、12月10日(火)の朝から2番目(おそらく10:30くらいから)の登壇になります。

これから質問の詳細を組み立てていきますが、有意義な質問になるように全力を尽くします!


【一般質問の通告内容は以下↓】

1.子どもの明るい未来サポート事業について

(1). 子供の貧困対策の具体的な事業の展開として、子供の居場所づくりモデル事業を実施してきた。モデル事業の検証により、どのような効果と課題が見えてきたか。
(2). 最近では、市内においても、さまざまな団体がこども食堂を運営するなど、広がりを見せているようだが、現状はどうなっているのか。
(3). 現状を踏まえて、子供の居場所づくりに対する取り組みを、今後どのように展開していくのか。
 
2.中心市街地の活性化について

(1). 今年11月2日、徳山駅北口駅前広場の完成記念式典が行われ、本市の玄関口が新しく生まれ変わった。平成29年8月22日に開催された中心市街地活性化対策特別委員会の中で、執行部から「駅前広場まで含めて、にぎわいの発信地点としての愛称を検討するという考えも持っている」という答弁があったが、この機会に施設や広場の愛称を考えてはどうか。
(2). 平成28年12月定例会の一般質問で、公共空間における恒常的なオープンカフェの開設やイベントの活用について提案した。答弁では「関係機関と連携した組織を立ち上げ、仕組みやルールづくりに努めてまいりたい」ということだったが、その後どうなったのか。

3. 東京オリンピック・パラリンピックについて

(1). 今年の9月以降、東京オリンピックのキャンプ地として、男子レスリングのブルガリア代表を市内に迎える調整を進めてきたが、その後の進捗状況はどうか。また、これからの予定はどうか。

4. 学校の備品の管理について

(1). 学校にはサッカーゴールやバスケットゴールなど大型の運動用の備品があるが、特に屋外のものは老朽化が進んでいる。適切な点検やメンテナンスの必要性を感じるが、どのように管理しているのか。

以上。

永源山公園の頂上には富田護国神社があります。

月に一度、遺族会の方達が行う清掃活動にずいぶん前から参加しています。


今朝は次男を連れてこの清掃活動に参加してきました。

山の中、しかも冬場の神社周辺は大量の落ち葉に覆われていました。

肌寒い天気でしたが、必死でかき集めているうちに暑くなり汗が流れました。


次男も終盤は少し飽きているようでしたが、彼なりによく頑張って手伝ってくれました。

終わってから「また行く?」と聞くと、元気に「行く」と答えてくれました。


遺族会の方達も高齢ながら大変な作業をしておられます。また、ご奉仕の人数もずいぶん少なくなったと聞きます。

こうして少しでも伝えていくためにも、これからも子どもと一緒にご奉仕を続けていきます。