yoshiroimoto

記事一覧(94)

「市民館跡地に国の合同庁舎を」議会で登壇 他2件の政策提案も!

現在開催中の周南市議会9月定例会の一般質問で登壇しました。(会期:9月2日から9月20日の予定)今回の一般質問では24人もの議員が登壇しましたが、私の出番は最後から2番目でした。ちなみに順番は提出順で決まります。今回の質問内容は?今回は「市民館跡地の利活用について」、「キャッシュレス化について」、「動物愛護について」の3件を質問しました。(詳しくは以下の通告文をご覧ください。↓)1.市民館跡地の利活用について(1). 前市長は市民館跡地の利活用について、市内に点在する国の機関を集約することや、市民ホールの建設についても、検討する方向性を示していた。藤井市長はこの市民館跡地の利活用について、どのように考えているのか。2.キャッシュレス化について(1). 近年、支払いに現金を使わないキャッシュレス決済が注目されている。このキャッシュレス化は消費者の利便性向上に加え、事業者の生産性向上につながり、経済全体にもよい影響をもたらすと言われている。特に、今年10月の消費税及び地方消費税の税率引き上げに伴う消費喚起策として、最大5%のポイントが還元されるなど、国も経済産業省を中心に推進している。そこで、以下を問う。ア. 本市の現在のキャッシュレス化の取り組みは。イ. 今後、さらなるキャッシュレス化の推進に向けて、市役所窓口での支払いや、動物園、美術博物館、市営駐車場などでも取り組んではどうか。3.動物愛護について(1). 今年6月に国会で成立した動物の愛護及び管理に関する法律の改正で、既に犬、猫を飼っている人には、マイクロチップ装着の努力義務が課される。野犬に悩む本市としては、動物の遺棄を防ぐためにも、マイクロチップ装着の際の費用を助成するなど、先進的な取り組みをしてはどうか。翌日の新聞に掲載この一般質問の内容が翌日9月11日の山口新聞の2面・県内総合欄に掲載されました。

徳山商工 女子バレー部が県初優勝の快挙!全国大会へ支援受付中! (鶏そばカヲルで)

徳山商工高校の女子バレーボール部が県大会で悲願の初優勝を果たし、この夏、全国の舞台に挑みます。(画像は周南市広報7月15日号の表紙)先月8日に行われた県高校総体の決勝では、絶対的王者として30連覇を目指す誠英高校を相手に、セットカウント2対0のストレートで見事に勝ち抜き優勝しました。今月24日から宮崎県で開催されるインターハイで全国の強豪達との戦いに臨みます。一時は廃部の危機も乗り越えてこのバレー部には過去に大変な苦難の時期もありました。10年前には、練習場所の確保の問題や部員の減少もあり一度は廃部が決定していました。しかし、監督や当時の生徒の活動、地域の協力などによりやがて存続が認められました。その後も、公立校なので地元の生徒がメインで、練習環境も決して恵まれているわけでもない状況の中、地道な練習や地域の協力などで困難を乗り越え、近年は県で上位の結果を残すようになってきました。しかし、最後に立ちはだかる誠英高校の壁は高く、これまでなかなか勝つ事は出来ませんでした。今回の対戦もスコア以上に緊迫した試合でしたが、最高の舞台で最高の結果を残しました。監督は同級生で幼なじみで元チームメイト実はこの商工のバレー部を率いる大中監督は私の幼稚園からの幼なじみで、中学校時代はバレー部でチームメイトでした。高校時代には、私が新南陽高校のキャプテンで、徳山高校のキャプテンしていた彼とはいいライバル関係だった時もあります。今でも年に何度も集まる仲間ですが、彼にとってもずっと夢としていた一つの目標が達成できました。夢を追い続け達成した友人は凄い奴だと見直し、自分も勇気をもらいました。鶏そばカヲルで支援を受け付けています。しかし、ここで大きな問題が一つあります。遠方への全国大会の出場は遠征費など多額な経費がかかりますが、強豪としての歴史が浅いこの部では寄付もたくさんは集まらず苦労している事が想像できます。そこで「鶏そばカヲル」では現在、今回のインターハイに向けて支援のご寄付を集めています。ぜひお気軽にお声掛けください。