yoshiroimoto

記事一覧(78)

本日で42歳になりました。健康と不注意と油断に気をつけます!

本日、4月24日で42歳になりました。もう誕生日を祝うような歳でもなくなりましたが、Facebookやメッセンジャーからたくさんの方からお祝いのメッセージをいただきました。ありがとうございました。42歳ってどんな歳?42歳というのはどういう歳か、偉人たちが何をしていたのかをちょっと調べてみました。織田信長が長篠で武田軍団を壊滅。スティーブ・ジョブズがアップル社を買収して、かつて自分を追放した経営陣を全員追放。イチローが日米通算4,257安打を放ち、メジャー最多安打記録を塗り替えた。ちょっと現実離れし過ぎて実感が湧きませんが、なんだか働き盛りでそれぞれの世界を牽引する世代の様な気もします。健康が基本!一般的に言うと42歳は後厄で、仕事で重要な役職を期待されるが疲労やストレスが溜まりやすく、体調の変化もある時期だそうです。厄年が要因ではありませんが、そういえば私もここ最近はずいぶんと健康に気をつけるようになりました。この一年以上、週一回以上はジムにウェイトトレーニングに通っています。最近はちょっと胸や腕が太くなりすぎてスーツがキツくなってきました。嫁さんにはいい加減にしろと怒られ、周りからは「太った?」としか聞かれません(汗)しかし、やっぱり定期的な運動は心身ともに健康に過ごすために重要だと身をもって実感しています。また20年近く吸っていたタバコも禁煙して、もうすぐ一年半になります。なかなか止めるきっかけが無かったのですが、思い立つと意外とすんなり止められて、もう再び欲しくなる事もありませんでした。行動、言動には気をつけます!しかし、後厄はトラブルやアクシデントも多い時期だとも言います。先日も私のブログの中での不注意で失態をおかしてしまいました。深い反省の日々を過ごしましたが、議員という立場からも、行動や言動にはより一層の注意が必要だという事を嫌という程、実感しました。この42歳の一年間は不注意や油断、そして健康にも十分に気をつけて、しかし真摯に活発に様々な活動に取り組んでまいります!この一年もどうぞよろしくお願いします!

周南市長選挙2019が決する!藤井新市長が誕生 任期は5月25日から

周南市長選挙2019が1週間の戦いを終え、4月21日(日)に投開票が行われました。その結果、新人で元県議の藤井律子氏が初当選を果たしました。両候補の獲得票数は以下の通り(当選)33,395 藤井律子             23,803 木村健一郎保守分裂のまさに市を二分する選挙戦でしたが、約1万票差で周南市初の女性市長が誕生する結果となりました。投票率は48.51%で、前回よりも1.27%下回りました。この選挙は大きく注目されていたと思いますが、投票率の低下に歯止めがかからないのは不思議でもあります。現職 木村市長は引退を表明私は現職の木村候補を応援しましたが、とても厳しい結果となりました。敗戦を受けて木村氏は政治の世界からの引退を表明されました。私はこれまで市長・執行部と対峙する議員の立場から一定の距離感をもって接してきましたが、振り返ると木村市政の8年間で合併後のまちづくりが進み、未来の周南市の礎づくりに大きく貢献されたと思います。これからも政治の場とは離れても別の形でご活躍される事、そして健やかに過ごされる事を願っております。藤井市政がスタート5月25日から藤井市政がスタートします。藤井新市長も市民の付託に応えて諸課題を解決し、周南市の発展に取り組んでいかれる事をご期待いたします。私も気持ちを切り替えて、市議としての職責を全うできるように真摯に取り組んでいきます。